BL 同棲ヤンキー赤松セブン(3) 奥嶋ひろまさ 最新刊で最終巻 ネタバレ注意。すっごいハードな過去だった・・。

読後、びっくり。

こんなハードな過去持ちなんだ・・。

SHOOWA、が原作で、この人のイベリコ豚シリーズとか

親父が殺し屋のシリーズとかも、結構ハードな話だからね。

これも、しっかりSHOOWA節になってた、ってことで・・(><)

12~17話

パツキンヤンキーの赤松くん。

青春の情熱を持て余して、けんかしたい。

そんな赤松の相手をしてくれたのが

公園に住む、ホームレスの神崎セブン。

で、ホームレス生活のセブンを

一人暮らしの自分の部屋に住まわせてあげた赤松くんです。

実は赤松くんはゲイで

最初、セブンに対してその気はなかったし

ゲイだって警戒されるのも嫌だから、黙ってたのね

でも、セブンが赤松君にキスしてきまして、

セブンのゲイなの?って感じで、触りあう仲へ。

そしたら、セブンの義理の弟?であるエイトってのが現れて

赤松に一服盛って、赤松を抱こうとします。

間一髪にセブンが間に合いまして

赤松は助かるんですが、赤松が寝てる間に、セブンが消えます

赤松は、とりあえず学校生活に戻ります

セブンは、エイトに、前の生活に戻らないと赤松を壊す、って言われてて

エイトはやると言ったらやる奴だから、って

ほぼ、赤松を人質に取られた形で、前の生活に戻るのね

ほぼ、ヤクザの世界です

で、こっからが、エイトとセブンの過去でさ。

セブンは、フィリピン人なのね

両親が、知らずに金のために犯罪の片棒をかつぐとこ

薬のジャンキーが撃ちまくった銃で殺され

さらに、セブンはそのジャンキーを撃ち殺します。

5歳。子供の頃の話・・

すごい・・

それを見ていた半分ヤクザの鷹栖が神崎に

てきとうな女と結婚して夫婦になって

こいつを養子にして日本に連れ帰れ、って。

この時には、それぞれが温情だったのね

フィリピンに残されても、セブンはまともに育たないし

ヤクザの方も、これだけの度胸があれば、将来役に立つ、って

日本に行くと、エイトって弟がやっぱり養子でいて

兄弟、仲良かったんですが、ヤクザのおやじ・神崎が

二人を変態男に売り始めちゃう・・。

やがて、鷹栖と高波が、神崎のやり口に気付いて、

エイトとセブンを開放します。

現在、エイトは高波のとこにいますが

神崎はいまだに、エイトを売ってたみたいね

セブンは、嫌っていう

そうすると、エイトに回ってきて

ついに、エイトは人を殺してました・・

親分格の鷹栖

鷹栖から独立する高波

あいかわらず、エイトを使っている神崎。

鷹栖は、初犯のエイトを自首させ

セブンには、出ていくなら、一生黙ってることがあるだろ

って、口裏合わせを求めます・・。

セブンは赤松のアパートに戻り

ただいま、おかえり、を抱きしめあって言い合うとこは

泣けたな・・

で、セブンがコツコツためたシールで宿泊券が当たります。

ついに合体、って二人で期待しますが

楽しみすぎて、疲れて、寝ちゃいましたね

こういう、肩透かしも好き(^^)

家に戻ってきて、赤松くん、初めての開通式です

セブン、やさしく頑張ります。

愛ある合体ですね。

セブン、経験者だしね・・

17話では、その後

経験つんだ赤松君が、しっかり感じるようになっとります。

で、赤松君のおうちとか遊びに行ける関係になっていて

ふたりは、いつまでも幸せに暮らせる?のかな

って感じのハピエンでした。

面白かったですよ。

三巻というボリュームもいい感じなので

一気読みがおすすめです

同棲ヤンキー赤松セブン【電子単行本】 3
同棲ヤンキー赤松セブン【電子単行本】 3

同棲ヤンキー赤松セブン【電子単行本】 3

[著]SHOOWA : 奥嶋ひろまさ

Renta!

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

同棲ヤンキー赤松セブン 3posted with ヨメレバSHOOWA/奥嶋ひろまさ 秋田書店 2021年01月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。