BL小説 はなれがたいけもの かわいいほん 八十庭たづ 最新刊のネタバレ注意 中短編集 アシュがかわいい!

BL小説であり

子育て小説である、なろう小説の書籍版。

今までの三冊が黒い表紙だったのに対して

本作はピンクだからね

あまいお話ね(^^)

前日譚

あなたに捧げるもの

アシュのかわいいおはなし

私の悲嘆に暮れた悲しみの心

殿下のつがいの可愛い話

さがして、みつけて

かわいげのないひと

かわいいひとたちについて

アシュをユドハが探していた頃の話です。

お互いが、まだ愛の再会をしてないころ

アシュを育てるシングルマザーのディリアが健気で!!

ディリアは初めて胃痛をしる話。

で、ユドハは、ディリアの宝物のお部屋を見せられて

ディリアがいかにユドハを愛しているか、思い知らされるの。

だって、宝ものは、ユドナにもらったものばかりだからね。

ディリアの不器用さが、ほんとにかわいい・・。

相手はアシュの家庭教師で

ディリアを差別するの

肉弾攻撃には対処できても、ねちねち言われるの慣れてないのね

かわいそうに・・

さみしい、って感情も知らなかったディリア

これは、ユドハが溺愛するわけだな・・(^^)

いま、三人子供がいるんだけど

4人目は命にかかわる、って止められているディリアです。

狼の子は人間の腹、特に男性腹には大きいから帝王切開なのね

アシュが、初めてしゃべった日の話。

で、双子のララとジジも、話し始めの時が来ますね。

アシュの宝箱に蜜入りお菓子が入っていて

アシュの毛皮がべとべとで、刈らないといけなくなる話

離れの幽霊さんの話

アシュには、いろいろ話しかけてきますね

異国の小さな姫様が、一人亡くなった離れ

でも今は、さみしくないね(^^)

ディリアって、いくつ体に暗器を隠してるのかね

知っているのは、ユドハだけだった。

ディリアは酒に酔わずに、ユドハに酔ってるんだって

うわ~

口から砂吐きそうな言葉の連発だけど

それが、ディリアから漏れるってのが尊いな。

さがして、みつけて、編は

ちょっと長めの話

ディリアは、ユドハの配下の金狼の若者たちと話して

趣味とは?と考え始めます

戦場しかしらず、子育てに追われてたディリアには

趣味を持つ閑がなかったのね。

で、見回りをしていたら、ちょっとおかしい船があって

ディリアの傭兵時代の勘にヒット

悪党を捕まえますが

こちらの世界は人間が悪、になりがちな世界で(ちょと前まで交戦してた)

悪党の方が、この人間が悪い奴だ、ってディリアを言うの

でも、駆け付けて仲間たちは、みんなディリアを庇ってくれるから

町の狼たちも、この人間は軍の仲間なのか、って気配がかわるのね

この話は

ディリアがどれだけマイノリティかって、わかる話だったわ

大変な世界だ・・

それでも、ユドハとアシュへの愛で踏みとどまるディリア

かっこいい!!

アシュたちが帰国したあと

商都リルニックの宰相館では、アシュロスがゴロゴロしてます。

アシュからの新聞のような手紙にほっこりですね

かわいげのない人、は

ゴーネ帝国のエレギアとフェイヌの話。

フェイヌは狼族の血を引く男で配下で

エレギアを上司、と使えながらも、自分の番として溺愛してます。

おたがいデカクなって、年齢も若くなくて、自分はかわいげがない、って

お互いが思っていても、愛し合ってるのがいいですね

かわいいひとたちについて、は、アシュが成長した頃の話

アシュが10歳をいくつか超えていて

ディリアとユドハ夫婦も10年超えたころの短編

いいわ~

って感じで、基本、子供がかわいくて

ユドハがディリアを愛でる話がたくさんの一冊でした。

王としての対外的な、政治的な話がほぼないので

ちょっと、ふわふわしてますね。

でも、今までの3冊を買ってきたファンには良いと思います。

ファンサの本でした(^^)

はなれがたいけもの かわいいほんposted with ヨメレバ八十庭 たづ/佐々木 久美子 リブレ 2021年08月19日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。