BL小説 異世界でのおれへの評価がおかしいんだが(3) 極上の恋を知りました。秋山龍央 魔王登場編ネタバレ注意

シリーズの最初は、ありがちな異世界召喚BLだと思ってたんですが

キャラが増えてきたりして、見どころ満載となってきました。

タクミを溺愛するガゼルとフェリクスとの3Pは

どんどん濃くなっていきますね。

尊い!

白翼騎士団が、魔物と戦闘してます。

団員のレイが、グレートウルフの頭蓋に剣をつっこんだままで

身動きできずに、襲われそうになると

どこからか剣が飛んできて、その首を貫き、レイは助かります。

剣を投げた相手は、タクミでした

タクミを連れて、ガゼルとフェリクスが休暇でピクニックです。

タクミは、異世界から来たせいか、馬になつかれる人で

こっちに来てから覚えた乗馬術で、団員の乗りこなせない暴れ馬を手なづけてます。

そこへ、フェリクスが、王都からの知らせを届けてきて

ガセルとフェリクスは、グレートウルフのいないとこにしよう、って思うですが

タクミの馬は、ウルフのいるとこに駆け出します。

で、レイの危機に、剣を投げて助けるわけですね。

白翼騎士団の団長のレオンは、びっくりしながらも大歓迎。

おっかけてきた、ガゼルとフェリクス。

またタクミが無茶をして、って困り顔

でもって、フェリクスをリオンが呼び出して、タクミを愛してる、って言ったら

立ち聞きしていたタクミは脳内変換されて

リオンが愛してるのはガゼル団長、ってことに(><)

リオンがガゼルを愛していて、それを聞かされたフェリクスが困ってる

って思いこんだタクミ。

ガゼルがリオンを選んだら、ってちょっと落ち着かないのね

自分はまだ返事してないから、そんなこという資格ない、って思ってるしね。

で、そんな落ち着かないタクミを、ガゼルは把握して、聞くぞ?って

タクミに関しては、とってもこまやかなガゼルです。

で、そのまま個室でおさわり三昧。

ガゼルは、フェリクスがいないとこではつながらない、って決めてるんだって。

二人ともの暗黙の了解は

一人だと、タクミを抱きつぶしてしまうから、って

こわいわ!

この小説は、タクミ視点と、ガゼル、フェリクス視点が交互で面白いです。

今度はフェリクスが、タクミの気落ちを心配してタクミを呼び出し

こちらも、そのままおさわりです

で、フェリクスは、ちゃんとタクミの言葉を聞くより

触りたくなる自分を律するために

しばらくタクミと距離を置く、って

タクミ、茫然です。

ガゼルとフェリクスは

こっちに身内がいなくて、だれかに襲われそうなタクミのために

魔物退治、という危険な仕事の中

どちらかが生き残ってタクミを守る、って決めてるようなのね

だから、二人でタクミを愛でる、ってことに合意してます

ただのスケベ目的ではないような・・

そうか・・?

ポーション作りの香水屋「イングリット・パフューム」におつかいに出たタクミ

そこで、魔王と再会します。

気づまりになったら、まず相手を褒めろ、と前世で教わったように

タクミは魔王に「あなたは良い人だな」って言います。

魔王は、最初の召喚された勇者で

乱世をまとめて国家を作ったのに

召喚者たちの好む未来でなかったので、愛する妻を殺されて魔王になります。

その後、再び召喚されてきたのが勇者で

これは、タクミと同じ、黒髪に黒い瞳の男子で

魔王の過去を知り、魔王を滅するのではなく、封じることにします。

その300年の封印がとけて、今、魔物が増えてるらしいです。

魔王はタクミを見て、今だに異世界召喚をしてる、って

リッツハイム国への憎悪をたぎらせる魔王に

タクミは、自分にはチート能力がないから、それが召喚じゃなかった理由だ、って

でも魔王は、タクミが、魔王や勇者のことを知っているのが召喚の証で

いまはチート能力が封印され、召喚時の記憶がないのもそいつらの操作のせいだから、ともに見つけ出して復讐しよう、て。

そこへ、メガネっ子さんがお茶を持ってきて、転んでぶっかけて

魔王がクリーンの魔法をつかい、いろいろ興がさめたので

魔王は撤退します

タクミが遅くなった昼飯を食べていると

リオンとレイが、巡回で現れます。

上司と回っているレイがお疲れのようなので

リオンに同席を勧めると、リオンが食いついて、一緒に座ります

リオン、タクミが好きなのよね~

タクミだけが気づいてない。

富裕層をターゲットにした詐欺事件ですって。

絶対に損はしない、一度目には利息を払う、二度目からトンずら、って詐欺だって。

被害者は家族が側にいない、ってこともあり、かなり調べられてる。

タクミのアドバイスに、リオンは思うところがあったようで

レイを連れて、帰っていき

タクミが支払いをしようとすると、もうリオンが払ってました。

かっこよ

リオンたちが向かったのは、リッツハイムの市役所。

カネルという担当者は、団員が最初に訪問したときに、逃げ出してました。

で、レイがおっかけると、タクミにぶっ飛ばされてるカネル発見

タクミは、カネルが子供を突き飛ばして走ろうとするので

子供を庇っただけだが、その際にカネルを昏倒させたのね

で、リオンたちが逮捕して、落着

ガゼルのとこには、白翼騎士団から丁寧な令状が届きます。

黒翼騎士団に護衛依頼がきますが

相変わらず、フェリクスはタクミと距離を置き、タクミは消沈して

ガゼルが気づいてます。

さて、今回の護衛依頼、みなが不審を感じてまして

トレヴァスっていう商人は、タクミに執着していて一緒の馬車に、とか言うの

断りそこなったタクミを救ったのはガゼルで

なるべく後方にタクミを配置します。

で、商人が、大事なはずの積み荷へのガードがなおざりで

それをタクミが指摘すると、ガゼルは隊員を一人、王都へと走らせます。

宿泊した村に夜盗が襲ってきて

村人誘導と、商人の護衛の二つに分かれます

商人がタクミを離さないので、それに従ったら

商人は実は奴隷商人で、護衛も敵にまわってタクミを襲います。

団員が人質にされますが、イーリスの投げナイフとか

タクミの妖刀とかで、一味は制圧、囚われた本物の商人は救出されそうだし

奴隷商人のアジトも、つぶせそうで、それがすべてタクミの手柄に(^^)

妖刀の副作用で発情しちゃったタクミをガゼルが落ち着かせ

そこへフェリクスが登場。

タクミの涙目に、フェリクスが遮りに入りますが

今回の奴隷商人のように、タクミを狙う者は多いので後悔したくなかったら放すな、ってガゼルが。

フェリクスは初恋だから、タクミを愛したいのといじめたいのが同時で辛い、と。

ガゼルは、それが恋だし、お前が暴走したら俺が止めるし、俺が暴走したらお前が止めてくれ、って

で、タクミは、二人そろって暴走したら、誰が止めてくれるのかな~。って

その後、フェリクスと仲直りして、お約束の三人です(^^)

気絶状態だったタクミが目覚め

水を飲みにいったら、そこに魔王が待ってました。

召喚され、勇者と祭り上げられて、人としての体も名誉もなくしたから

もう間違えない、って。

タクミは体が硬直して動かず

ガゼルとフェリクスが助けにくるが、魔王の魔法陣で動かない

目の前で殺して諦めさせる、という魔王が

タクミの妖刀を握ったら、妖刀のターゲットはタクミに。

魔王は剣を手放し、瞬間に麻痺が始まり

その隙を、ガゼルとフェリクスが襲い、魔王は斬撃されます。

妖刀は、今は亡き勇者が作ったものでした

勇者のチート能力は「強制的状態異常」だったんだって

前にも、魔王を滅するより封印を選んだ勇者が

再び、私を止めにきたのか、って魔王は笑います。

魔王になりきらない、召喚者としてのチートの力と

勇者の残した妖刀の力があれば、タクミは元の世界に戻れるって

魔王は力を残して逝きました。

で、その体が光を帯びて、残されたのは

ランドセルを背負う感じの6年生くらいの少年でした。

角があるんですが、獣人もいる世界ですので

孤児として黒翼騎士団が保護し、香水屋さんに引き取られました。

彼に、魔王時代の記憶はなく、だから、このままで大丈夫そうだね、って

タクミが異世界から召喚されたとか

魔王が復活してて、魔物が増えて、その魔王が子供になって

魔物が減ってきた、とか

ガゼルやフェリクスは隠匿することにしました。

で、元の世界に戻れるタクミを

このままこの世界に引き留める!ってことで一致団結する二人です。

面白かった!

4巻も読みます

異世界でのおれへの評価がおかしいんだがposted with ヨメレバ秋山龍央 アルファポリス 2021年02月17日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。