BL 愛を与える獣たち(上) 松基羊 ネタバレ注意。超絶人気のネットBL小説の漫画化版。絶品!

ネット小説が原作です。

その後、紙媒体で出て、そっちを買って読み、

今回は、大好きな作家さんが漫画化してくださいました!

感涙。

ネット小説って、場面やセリフの切り取りの上手下手で

漫画化版の質が、とっても変わります。

松基羊さんは、もとから上手な漫画家さんで

今回の漫画化の時も、その才能がいかんなく発揮されて

とっても上質にできてます。

熱烈おすすめ!(^^)

1~3話+ある夜の兎の悩み事+描きおろし漫画

異世界召喚ものです。

こちらで、クローゼットゲイ生活してた

中年の外科医さんが

ある日、突然異世界の森に放り出されて

そのからだは人間の少年でした。

こちらでは、ちからある獣人が多くて、人間は庇護なないと奴隷。

チカさんも、すぐに性奴隷にされて、劣悪な状態で

なんとか生き延びてました

ある日、キャタルトンでひん死だったチカを、ゲイルという熊族が買ってくれました。

小柄なチカを、10歳くらいの子供と判断して、家に連れ帰り

同居人のダグラス(獅子族)と一緒に、治療して、助けてくれます。

基本、人間を奴隷にするのは、法律で禁止されている国が多いのですが

キャタルトンでは、合法なのね。

チカは人気の外観だから、自殺防止とか会話防止とか、たくさんの術がかけられていて

それを、ゲイル&ダグラスは解除してくれます。

こちらの世界で始めて庇護されて、お風呂にも入れて、ほっこりするチカ

で、彼の骨折を直す時の色々で

チカはゲイルの番だとわかります。

ダグラスの番でもありました。

こっちの世界では、子供が産めるアニムスに、相手のアニマが複数というのは

ありがちだそうです。

そしてチカには、大量の魔力があって

外科という仕事がら、骨格とかの知識もあるので

魔力で体をヒールする能力がずばぬけている、ってわかります。

至上の癒し手、という力なのね。

それを知ったチカは

冒険者をしていた時に、切断されたダグラスの片腕と

走れなくなったゲイルの片足を、魔力を注ぎまくって、完全復活させます。

で、魔力の使いすぎで昏倒。

ゲイルとダグラスは、そんなつもりで助けたんじゃない、っていいながらも

それがチカの望みだし

命に別状がないから、と、感謝とともに受け入れます。

ただ、これだけの力を持つチカを守るために

ゲイル&ダグラスは、母国への帰還を急ぎます

おまけは、小説で、ミンツ視点のお話。

ミンツも孤児で、運よく善い人に助けられたけど

場合によっては、チカのような運命だったかもしれない、

自分じゃなくて良かった、って

ちらりと思ってしまったことへの罪悪感とか色々を

自分の番に吐露するお話です。

奴隷制度、って最悪ですよね・・。

愛を与える獣達《コミックス版》 上
愛を与える獣達《コミックス版》 上

愛を与える獣達《コミックス版》 上

[著]松基羊 : 茶柱一号(DeNIMO刊)

Renta!

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

愛を与える獣達(上)posted with ヨメレバ松基羊/茶柱一号 リブレ 2021年03月10日頃 楽天ブックスAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。