災厄は僕を好きすぎる(7) 神奈木智 最新刊のネタバレ注意 1~6巻は一気読みして、前のブログに書いてました

1~6巻までは一気読みしてたんですが

最新刊の7巻が出るまでが長かった!

ので、ほとんど覚えてませんでしたね

自分のブログを読み直して、チェックしちゃいましたよ(><)

41~49話+あとがき漫画

1年に4本連載で

1冊にまとまるのが9本だから

2年に一度の新刊になるのか?

おもしろいお話ですが、

もうちょっと、サクサク進んでほしい、って思ってます

高校二年生の育美

17歳ですが、これから1年の間に12回の災厄があって、死ぬぞ、って

言ってきたのが千隼

何言ってんだ、ってはじめは信じなかった育美ですが

育美の血筋には、過去にそういうことがある、ってわかり

やがて

成鷹と白夜、っていう二人が

しきたりを破ったことで、子孫にその弊害がでてる、って事実を知ります

白夜が宝しゃくの巫女にして、災厄の封印を担っていた人ね。

で、6巻までの間に、成鷹と白夜が愛し合ったように

千隼と育美も愛し合うようになりますが

育美が即死すれば、千隼の呪いが解ける、って

そして、過去のカップルのように、育美と千隼も、愛し合う二人共が生き延びるすべを

探していくわけです

さて7巻

育美の災厄を受ける千隼は、ヤクザの息子で

そっちの因縁でも命を狙われたりしてます

で、そんな千隼を、家族のように大事にしてるのが若木さん

若木さんには病弱な弟がいて

ヤクザになりそうな兄さまのためにかけずりまわって

死んじゃったって話があり

その弟の親友が、もんくつけにきまして

ま、フリでナイフを出したんですが

それを千隼に向けたので、若木が手づかみでナイフを握ったりして

結果的には、そのトラブルで、災厄が一つクリア、ってなるんですが

今では、育美がケガすると、千隼に転移、だったのに

千隼が傷つけられそうになって、育美の心がゆれて

そっちの方が、よほど怖いって

遊園地の事故で、育美が友達を庇って

ケガしたから千隼に転移したりして

あと、千隼を狙って、宅配便で爆発物がおくられ

爆発の規模は大きくなかったけど、警察が出張ってくることとなり

そしてついに

宝しゅくの巫女の、もう一つの流れだっていう

紅音って女性が登場してきます

ってとこで7巻が終了

う~ん

二人のラブ度は進みましたが、まぁ、キスまでですし

100年に一度、白夜と成鷹のように愛し合いながらも

死にわかれるっていうカップルが生まれてきてる、っていう過去の文書も

どっかにいっちゃったしね

完結まで、あと5年はかかりそうだな~

完結してからの一気読みをおすすめですね(^^)

災厄は僕を好きすぎる(7)【SS付き電子限定版】
災厄は僕を好きすぎる(7)【SS付き電子限定版】

災厄は僕を好きすぎる(7)【SS付き電子限定版】

[著]二宮悦巳 [原作]神奈木智

Renta!

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。