BL小説 恋に焦がれる獣達(2)下巻 茶柱一号 最新刊のネタバレ注意。大団円です。

大好きなシリーズです。

途中、辛いことがあっても、ハピエンになるから、安心です。

チカたちの子供世代のお話ですが

キャタルトンでは、国家規模で人狩りをしていて

その被害者の人族は、奴隷に売られて凄絶な日々を暮らします。

で、騙されて手下にされたキャタルトンの獣人部隊の隊員たちは

良心の呵責の中で、人族と知り合うと、贖罪の献身を行い

で、それが愛になり、番の相手だったりするわけです

番と半身

描きおろし漫画、スイとガルレス

無頼の豹を選んだ瞳

あとがき

番と半身

これは、上巻の続きの話です。

スイの身内は、みんな運命の番を見つけてラブになってますが

スイは、生まれた時から半身がいます。

なのでスイは、半身のガルリスに、いつか「つがい」が現れるのが怖かった

でもガルリスは、番より半身が大事だ、って

その思いを行動で示すガルリスに、やっと本心から心身をゆだねるまで

が、今回の上下巻の要点ですね

ランドルフがウィルフレドに献身して

番としての愛を勝ち得たように

ロムルスも、エンジュの献身して、番の愛をゲットします。

そういう意味では、予定調和の話で

ネタバレしても、簡単なんですが

それまでの、うろうろは、本編で堪能してくださいませ

さて、今回の獣人化の病気は

エンジュのみつけた血清のせいでした

で、竜人のガルレスが獣化しちゃって

スイが頑張って解除します

そしたらエンジュが、今までのことを告白して服毒自殺しようとするから

至上の癒し手であるスイが、渾身こめて蘇生です。

スイたちには、キャタルトンの密偵がついていて

スイは気づいていたので、今回の獣人化病の理由がわかったところで

密偵を呼び出します。

傍にいたのは、誘拐されたスイにいろいろ便宜してくれた

ガレスでした。

そして、スイたちは地元に帰国してしあわせに、

って大団円です

無頼の豹を~は

ガレスの話

スイがくれた魔法の櫛は、本物で「錆させる」力がありました。

ですがその前に

ガレスの生い立ちの話があります

裏世界の王に愛されて育てられて

裏の王になるより、今の王の密偵になることを選んだガレス

ガレスを育て、抱いていたファランが、とっても素敵でね~

絵がないのが残念です

で、密偵になったガレスが掴まって

いよいよ殺されるって時、さびる櫛で手鎖がさびてはずれて、助かるのです!

おお。ここにつながるのか(^^)

ガレスはユアンを拾います

人族の子で、スイのこともあって、なんとなく見捨てられなかったのね。

ユアンはガレスになつき、ガレスのケガして帰宅するのをみて

医者になります

そして医者になったユアンは、スイとガレスの関係を知り

今だにスイとの出会いを忘れないガレスの言葉から

スイに嫉妬します。

で、最後はユアンが決死の夜這いです

ガレスはユアンが番と気づいてましたが、人族は番に気付かないこともあるので

血まみれの自分より幸せになる伴侶がいるんでは、ってためらってましたが

ユアンが本気だと知って、もう手放さないぞ、って

がっつり抱きましたね~

ガレスのおっさんは、きっととっても上手だと思うは

ユアンくん、幸せにね(^^)

って感じで下巻も終了です。

恋に焦がれる獣達シリーズは

どんどん登場人物が増えるので

次巻も出るらしいですが、一覧表が欲しですね(^^)

おすすめのシリーズでした

恋に焦がれる獣達 2 『番』と『半身』 下【イラスト入り】
恋に焦がれる獣達 2 『番』と『半身』 下【イラスト入り】

恋に焦がれる獣達 2 『番』と『半身』 下【イラスト入り】

[著]茶柱一号 [画]むにお

Renta!

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

恋に焦がれる獣達 2 『番』と『半身』 下posted with ヨメレバ茶柱一号/むにお リブレ 2020年10月16日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。