BL小説 空に響くは竜の歌声(11) 飯田実樹 気高き竜と癒しの花。最新刊のネタバレ注意。4代目は図書館と絵画など文化を育んだ竜王です。

大好きなシリーズです。

もう11巻まで来ちゃった。全部読んでネタバレしてますので

お時間のある時に是非。

途中から読んでも大丈夫ですが、読んでいくと

全部の竜王様×龍聖の話が、読みたくなっちゃうんですよね(^^)

1~7章

4代目の竜王のロウワンは、眠りにつく、若い頃から堅物でした。

そして、三代目の竜王が、先代より長生きして、愛する龍聖を看取って亡くなり

ロウワンが目覚めます。

頑張って仕事をする真面目なロウワンに

趣味は?ってきくと、ないっていうのね。

弟で補佐のシュウエンは困っちゃいますね。

でも、本当は読書が趣味らしく、他国の、人間国の図書館に感銘を受けるのでした。

新しい竜王が目覚めたので、新しい龍聖がやってきます。

時代は江戸時代前期の加賀藩金沢城下。

龍聖は、村のための、学んだ薬草園を寺に遺していきます。

そして、生贄ではない、って。次の代も、どうぞ笑って送り出してください、って

龍神様のとこへ行くのは、幸せなことだから、ってね

よい子じゃ

龍聖は、無事にエルマーンに降臨し

側仕えにはシアンがつきます。

で、根性すえて来た龍聖は、ほんとけなげでかわいくて

(18歳だからね。満年齢だと16歳だからね)

でも、ロウワン王は、初めて見た龍聖がきれいで

おどおどしちゃうのね

ヘタレだからね(^^)

逃げ帰ったから、龍聖は嫌われたと誤解してる、って知らされ

ロウワンはびっくりして、再度の部屋へと訪問します

くっついてきた弟で年長のシュウエンは

ロウワンと龍聖のモジモジを見て

(甘酸っぱい・・)とか思っちゃいます。

今回、シュウエンがいい味だしてます(^^)

ここらは、是非本編を読んで堪能してくださいませ

恋愛なんてわからない、って言っていたロウワンですが

婚儀を終えて、龍聖と儀式の間に入ると

もう、しんぼうたまらん状態で、龍聖に耽溺します。

ここらは、毎回おんなじなんですが

(新竜王×新龍聖で、ちょこっと違いますけどね)

初々しい二人の描写は、毎回美しいです

今回の初産は、ほんとに急でしたね

従者のシアンがとっても恐縮しちゃうんですが

龍聖がかばいます。

生まれたのはお姫様の卵でした。

さて、龍聖は三味線が弾けるのね

シアンが、龍聖から聞いて作って、ロウワンから、っていって贈ります。

文化的な夫婦だ

相変わらず、愛とは?とか考えるロウワンですが

龍聖を慈しむことを覚えて、二人はもう、本に頼らずに幸せそうです。

ロウワンの末弟のシャイガンは、人間を殺すと龍も死んでしまうので

人を殺さずに撃退できる剣技を他国で学んで、持ち帰りました。

これを、シーフォンたちに伝えることになるのです。

こちらの世界でも、龍聖は薬草園をつくって、アルピンに普及させます。

そして

警備のシーフォンたちは、人間を殺さずに撃退する方法に慣れていきます。

トレイト王国との国交が結ばれました。

人間を殺すことができないエルマーンでは、国交する相手は重要で

とっても吟味して選んだのですが

トレイトの隣国の蛮人の国から密入国があり

城に侵入されてしまいます。

シアンが龍聖を庇って重傷をおうなどして

国交は断絶となりました。

エルマーンの建国の歴史の本を

全部知らしめると、人間への嫌悪が生まれそうだ、って危惧するロウワンに

龍聖は、禁書として王位継承者だけが読める分と

公開する分に分けたら、とアドバイスします。

そして、建国の歴史のほかにも

人間国の本を集めて、エルマーンでも図書館がつくられ

龍聖が、ロウワンの絵姿を求めたので

肖像画、絵画、という文化が根付いていくのでした

今回も、面白かったです。

次の新刊が出たら読みます(^^)

とってもおすすめ

空に響くは竜の歌声 気高き竜と癒しの花posted with ヨメレバ飯田 実樹/ひたき リブレ 2020年11月19日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。