BL小説 異世界でのおれへの評価がおかしいんだが(1) 秋山龍央 ネタバレ注意 人気なろう小説の書籍化。おもしろい!

なろう小説、ネット配信のものが、書籍化されるのがブームです。

なぜブームかというと、買う人(私!)がいるから!

書籍が売れない時代に、鉱脈なんだろうな~

断捨離した私の本棚にも、ちゃくちゃくとこの手の本が増えていく・・。

気が付くと、「チェンジサワールド」の世界に移転していたタクミ。

最後の記憶が、車に轢かれた?らしいものだったので

あっちの世界で死んで、こっちに移動したらしい、と漠然と感じます。

でも、それにたどりついたのは、ちょっとあとのことで

気付いた時は、映画の撮影?って場面でした。

悪役主役と対峙しちゃって、ここは、かませ犬みたいなセリフはいて

さくっと殺されて(殺陣の都合で)画面からはずれよう、って。

でも、こけて、悪役主役を殴り倒して昏倒させて

そしたら、イケメン・ガゼル団長がきて、保護してくれました。

他の団員とかみて、これ、ゲームの世界だ、って気づくタクミです。

黒髪、黒い瞳というのは、こっちの世界ではレアらしく

異性、同性、どっちとも恋愛できる世界では、タクミはモテモテなのね。

知識が偏っていることから、性奴隷として大切に育てられた子、って認識に

で、タクミが手にしたのが妖刀で、これは、持ち主をあやつって戦う刀

さらに、戦闘後、サヤに戻すと、持ち主を発情させる、という代物でした。

発情したタクミを、団長のガゼル、副団長のフェリクスがなぐさめてくれて

童貞だったタクミの初めては3Pで、気持ちよかったという・・。

戸籍のないタクミを団が引き受けてくれて

一緒に警邏に回った村で、タクミは、この村がゲームの中で

のちに壊滅することを知ります。

で、一人残って、ほんとにゲーム通りだったら、団長たちを呼び戻そう、と思ったら

ほんとにモンスターが現れたので、皆が戻るまで孤軍奮闘。

皆が戻ってくれて、村は守られます。

ただ、どうしてモンスターが来るとわかってたのか?って疑問に答えられず

だまっちゃうタクミですが

ガゼルたちに、無事に良かった、村が守れて良かった、と言われ

タクミは、自分が動くことで、この世界で誰かを守れるのでは、って。

村を守れたし、壊滅するガゼルたちの団も守れるかも、ってね

守るために、タクミはポーション作りにトライします。

メガネっ子の香水屋さんに、いろいろアドバイスして作り出したのが

医療のできるポーション。

ただ、作り手が自分とは言わないように、ガゼルとフェリクスが作ったことにしてもらいます。

材料の関係で、オルトラン黄翼団長にもポーション作りを見せて

材料を一緒に確保するために、黒翼団と黄翼団の合同で、モンスター狩りに

タクミは、オルトランのイケメンぶりに

どうしてゲームをやったのに、覚えてないんだろう、って考えて

実は、ゲーム初期に、オルトランの団が壊滅して

オルトラン自身も重症だ、って文言だけで、当人が登場してなかったのを思い出します。

黄翼団が壊滅したのが、本日、モンスター狩りに赴く丘での

ライバーンとの攻防戦だったことを

当日に思い出したタクミは

団長、副団長には内緒で、イーリスという仲のいい団員に

こっそり、ワイバーン対策の投石機材と、ポーションの試作品を持ち込むことを依頼します。

素材のモンスター狩りをしていたら

やっぱりワイバーンの群れが現れて

武器がない、ってびびる黄鷲団員たちを、ガゼルが一喝

俺たちが逃げたら、ワイバーンは村人たちを襲う、って

さすが騎士たち、気合が入りますが

そこへ、イーリスから、対ワイバーン兵器があること

ポーションを持ってきたこと、王都にはすでに応援要請した、ってことを知らされるガゼルです。

すべてタクミの采配で、なぜ、どうして、は気にしない

守る力を持ち、ふるうことが騎士団の誇りだ、ってガゼルが。

うう、超イケメン!

ワイバーン戦で、不利ではあるけど

ポーションで致命傷にはならず

時間はかかるけど、ワイバーンを削る戦いの中で

妖刀をつかったタクミの戦いは群をぬいていて

性奴隷みたいなきゃしゃな男から、英雄へと超転換ですね。

王都からの味方が来た時、ワイバーンの頭をタクミが成敗して

生き残った僅かなワイバーンは逃げていきました。

ガゼルとオルトランが、責任者として城に呼ばれる中

妖刀の作用で発情しちゃったタクミを見つけてくれたのがフェリクスで

そっからは、再びの3Pです。

って感じで1巻終了。

人気があるのわかるわ。

けっこうおもしろいのですよ!!

次巻も書きます。

異世界でのおれへの評価がおかしいんだがposted with ヨメレバ秋山龍央 アルファポリス 2019年12月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。