BL小説 紅蓮の竜は永遠に恋する(空に響くは竜の歌声)(15)飯田実樹 最新刊の感想レビュー備忘録。

新刊が出ると、必ず買う推しのBL小説シリーズです。

もう15巻まで出てるのね~。

最初が9代目竜王のフェイワンと、九代目のリューセーで

このカップルが、本当に魅力的でした。

その後、何度となくこのカップルの話の本が出てます。

本作は、短編集です。

書き下ろしもありますが

小冊子、特典ペーパー、同人誌とかがまとまっての1冊

堪能しました(^^)

空に響くは竜の歌声 紅蓮の竜は永遠に恋する [ 飯田 実樹 ]

飯田実樹 | 推しBL探ブロ (veteranmama.com)

おすすめBL小説レビュー | 推しBL探ブロ (veteranmama.com)

紅蓮の竜に首ったけ

紅蓮の竜

廬山の真面目

気高き竜

猛き竜

片割れ付き

フェイワンはリューセーにべたぼれですが

リューセーもまた、フェイワンのことばかり話てますよ~って

似た者夫婦、って従者たちにいわれてます

甘々

抱きしめられすぎて、リューセーが夏バテになりました

窓傍に、一人寝のベッドを用意されると

熟睡できましたね

で、体調が戻りつつあるので

地下の聖なる水がわく場所へと案内されます。

フェイワンの母だった8代目リューセーは

軍国主義の中でそだって、男性に抱かれることが許せずに

心を病んでしまったんですが

そんなランワンとリューセーが

夢の世界で、平和にくらしてるショートです。

切ないね

スウワンと三代目リューセーの話がけっこうあった

スウワンは、けっこう激情型の竜王で

その息子の4代目のロウワンが堅物なので、相性はよくなかったけど

リューセーが色々仲立ちしてくれて、なんとかなってますね。

今回は、スウワンが、息子に性教育する話がいろいろと。

何かと、なぜ、なぜ、って言われるのが予想ついて

なんか嫌だったスウワンですが、なんとか説明できました。

ここんとこは、是非本編を購入して読んで下さいませ

で、ロウワンに、リューセーを大事にしろよ、って告げるほどに

スウワンは、自分は自分のリューセーを大事にできてるのか、ってふりかえるの

そういうとこ、歴代の竜王、とてもおっとこ前ね

そして外交に連れ出されたロウワンが、腹芸ができずに固まっていると

外交先の皇太子が、昔、竜騎士が助けてくれたのです、って

子供を亡くした乳母が、皇太子に暴力ふるって、それが傷で引きこもった皇太子を

スウワンが連れ出してくれたんだって

いいね~

そして、スウワンの捏造した「竜の呪い」話とかね

外交先を切る時に、捏造はないで円満?に外交をきったんだって

そしてロウワンの話になります。

4代目のリューセーは、ほんとにロウワンが好きで

肖像画とか沢山書かせてますね。

ヤマトに残してきた両親の絵も、告げることで書いてもらってます

そして、3代目からが冬眠後の王様なんですが

ロウワンのために、ロウワン、二人の弟での三本の矢の話を

母のリューセーが話します。

竜王もリューセーも、自分の死期がわかるみたいね

堅物のロウワンですが、リューセーを溺愛するのは歴代と同じで

表情筋がまずしくても

リューセーと子供たちがかわいすぎて死にそうだ、とかいうの

ここらも、是非本編で

でも、ロウワンが息子のシャオワンに大人げない態度をとると

笑顔で目だけ笑わずに、しっかりやり返すところがリューセーですね

かっこよ

5代目のシャオワンは、ロウワンに似ずに明朗快活で

リューセーは料理とかもできる子で、文化的に発展しますね

最後の片割れ付きは

初代の話

竜の体から人間になって、寒さとかで死ぬ同族もいて

とっても大変だった頃の話

アルピンを、奴隷扱いしている国からつれだして

国民にしている話とかです。

創成期、

大変よね。

って感じで読了。

空に響くは竜の歌声 紅蓮の竜は永遠に恋するposted with ヨメレバ飯田 実樹/ひたき リブレ 2022年11月18日頃 楽天ブックスAmazonKindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

このブログのつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、紙媒体、ネット媒体でのコミックスを、読んでくださいませね!

BL溺愛してます💛ベテランママのブログトップhttp://bllove.veteranmama.com/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村

前に書いていたBL漫画のブログ「BL本大好き」には

このブログの最新刊の前、既刊の「乱読ネタバレ備忘録」が書いてありますので

お暇な方は是非!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。