オメガ・メガエラ(10) 丸木戸マキ 推しBL。私の感想レビュー備忘録。ついに完結。ハピエンなのか?

推しBL。

完結まで6年。おっかけてきたかいがありました。

すばらしい大河ドラマでした。

犀門が、自分のためにオメガの真宮をαといつわって家に連れて来たことから

ドラマが始まっていますので

10巻の犀門の死で、一応の完結、となるようです。

α至上主義の、軍閥日本は、戦争を継続中ですので

大団円ではありませんが、それぞれのキャラの仮着地までは

ちゃんと描かれていたので満足でした。

オメガ・メガエラ(10) (KCx) [ 丸木戸 マキ ]

オメガ・メガエラ | 推しBL探ブロ (veteranmama.com) 同シリーズ既刊

BL本大好き : オメガ・メガエラ を含む記事 (livedoor.jp) このブログの、前のブログに書いた既刊。

オメガ・メガエラ(10)目次

42,麗子と有憲

43,予感

44,鼓動

45,道行

46,メガエラ

47,夜明け前

オメガ・メガエラ(10) ネタバレ注意

オメガに生まれながらも、能力に秀でた真宮は

特別労働所で伊織との子を産んだあと

いろいろ暴れまわって友人を脱出させる。

結果、死亡って形となって、出生局の研究所送りとなる。

αの伊織の能力は、身体能力特化型で

真宮を奪われてテロ活動とかもするけど

真宮に逃がしてもらった明兎が、伊織×真宮の子供を無事に英家に届け

真宮の生存の可能性を信じて、研究所あたりをうかがいます。

犀門は、自分をだました征十郎を殺したあと

執事だった斯波に助けられて逃避行となりますが

真宮と研究所で再会した時は

記憶を失くして、研究だけをする人間になってました。

いろいろで、明兎の実子を間宮がつれてくることとなり

犀門がその子を育てる中で

真宮のいる地下室やいろいろを見て、記憶が戻る犀門。

逃避行につきあってくれた斯波が肺結核となり

彼の治療のために研究所を頼った犀門ですが

斯波は、ほとんど放置されて死亡し、その死に方を知った犀門は

自分が作った「Ωに投与することでαを生む薬」に重大な欠陥がある

と言い放って、自殺を図ります。

一命をとりとめたけど、記憶喪失となり、その状態の時に真宮と再会したのね。

記憶を取り戻した犀門は、斯波のいない世界に未練はなく

真宮に銃を向ける者たちを殺し、真宮と伊織の幸せを祈って、絶命します。

真宮と伊織は、明兎の子を連れて、犀門の論文を持って逃亡

英家へと戻ります

実はβなのに、αと偽っていきてきた麗子は

ずっと好きだった有憲が、激戦地に送られる、という夜に

やっとお互いの気持ちを打ち明け合って結ばれ

片足を失った状態で、帰国しますが、そこには麗子の暖かい腕が

停戦のために、いろいろクーデターなどが画策され

その諜報員として、優秀な真宮と伊織がスカウトされて

二人は、大事な娘のために、より良き将来を、と諜報員として

再び身を隠すのでした

ってとこで、完了。

ディストピアの世界を、革新、ハピエンまではいきませんでしたが

それぞれが、今度こそ自分の意志で道を選ぶ、ってとこで

物語はおしまいとなりました。

名作ですね~

オメガ・メガエラ(10)

posted with ヨメレバ

丸木戸 マキ 講談社 2024年04月12日

楽天ブックス

楽天kobo

Amazon

Kindle

読んで下さって、ありがとうございます(^0^)

この記事が、読みたい本のヒントになるとうれしいです

(このブログには、プロモーションが含まれています)

私のつたないネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、購入して読んでくださいませね!

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

にほんブログ村